歴女の娘につられて私も歴女になりました

小学校五年生になる娘は、いわゆる歴女です。

学校の図書室にある歴史の本や人物辞典を片っ端から読んでいます。

この前「もう、読む本がなくなった」と言った

くらい歴史が大好きです。

だから、娘との会話には歴史上の人物や出来事がよく登場します。

例えば「聖徳太子の弟の名前知ってる?」とか「アンネフランクは何の病気で死んだか知ってる?」などと細かいことを聞いてきます。

私は、それほど歴史について詳しくはありません。娘に教えてもらうことばかりです。

あまりにも歴史を知らないと恥ずかしいので、私も日本史や世界史の勉強をもう一度することにしました。

しかし、家事に育児に仕事にとても忙しいので、あまり時間はありません。

ですので、家事をしながら歴史の解説をネットで聞くことにしました。

学生の時にはあまり好きではなかった歴史ですが、大人になってもう一度勉強してみると、案外面白いものだと思いました。

おそらく学生の時は、何年に何が起こったという暗記物ばかり勉強していたからだと思います。

時代の詳しい解説を聞くと、私も歴史にはまってきて、歴女になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です