図書館で久しぶりに本を読んできました

若い時はしょっちゅう図書館にいって一日中でも本を読みふけっていたものですが、最近はめっきりそういうこともなくなっていました。

大体、借りて家で読む感じです。そのほうが音楽聴いたり、周囲を気にせず読めるからいいんですよね。でも、正直、借りにいって、返す、ということが面倒ということもあります。

先日、村上春樹さんが書いた、小説を紹介する本を読み返していて、それらの本を読んでみたくなりました。まあ、当然そうなりますよね。

でも、短編なので、いちいち借りてくるのは面倒だから、図書館で一気に読めないかなと思っていってみました。なかったらなかったでいいかなと思いまして。行くとあるもんですね。大きな図書館だからかもしれません。

でも読めたのは二作品が精一杯でした。短編といってもすごく短いわけじゃないですからね。一番読みたかった短編は、なんと全集みたいな大きな重い本に入っていたので、これは借りるのもためらわれ、次回また図書館に行って読むことにしました。

でも、図書館に行って短編を何個か読んでくる…というのは、初めて読んでみる作品にはむいているスタイルかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です