シンプルな料理がベスト

しらすごはんとかクリームシチューとか一生懸命つくっても子供にいやいりません。僕は絶対に食べませんよとでもいうようなはっきりとした態度で嫌がられて傷つきます。
口を閉じるのでどうぞどうぞとこっちも諦めきれずに迫るんですが最終的逃げられます。

頑張っただけになんだよもうと思って、じゃあいいよサンドイッチでも食べてれば?とパンにツナときゅうりを挟んであげたら大変喜んでいました。
栄養バランスとか、子供が食べやすい味とか考えてつくったものより五分でできるサンドイッチの方が好きなんだ?ふーんと言いながら一人でシチューを食べましたよ。

夫相手でもそうなんですけど、頑張ってつくったものは受け入れられません。いいやこんなんでとつくって出したものに限って褒められますね。

気合い入れると調味料の分量を間違えるとか、漫画みたいなドジでもしているんでしょうか。
あんなもの漫画に出てくるようなかわいい子がやるから許されるだけですからね。もし私がそんなドジをしていたなら即辞めなければ夫や子供がかわいそうです。リバイブラッシュの効果は良いけど副作用は大丈夫?

瓦そばを食べました。

自宅で瓦そばを作って食べました。ホットプレートを使って茶そばと錦糸卵に醤油と味醂・料理酒に砂糖で味付けした細切りの牛肉と味付けした椎茸を茶そばの上に乗せた郷土料理で地元ではスーパーなどに茶そばとつゆがセットで売られているので自宅で瓦そばを食べる事が多いです。子供も大好きで瓦そばを作ると沢山食べます。作る方としては是だけで十分な食事になるので忙しい時や仕事で疲れた時は作る回数が多くなり子供に今日も瓦そばを食べるのと言われています。食後の食器洗いも少なくて助かっています。以前体調を崩して入院中に他県の人と知り合って瓦の上に茶そばと具材を乗せて暖かいつゆで食べるこの料理があると話した時知らないと言われ変わった料理だと言われました。お店で食べるのも美味しくて良いですが自宅で手軽に作って食べるのも美味しいと思います。以前あるテレビ番組でも紹介されていました。具材に味を付けて用意したら後はホットプレートで焼いてつゆに付けて食べるだけ美味しいです。

図書館で久しぶりに本を読んできました

若い時はしょっちゅう図書館にいって一日中でも本を読みふけっていたものですが、最近はめっきりそういうこともなくなっていました。

大体、借りて家で読む感じです。そのほうが音楽聴いたり、周囲を気にせず読めるからいいんですよね。でも、正直、借りにいって、返す、ということが面倒ということもあります。

先日、村上春樹さんが書いた、小説を紹介する本を読み返していて、それらの本を読んでみたくなりました。まあ、当然そうなりますよね。

でも、短編なので、いちいち借りてくるのは面倒だから、図書館で一気に読めないかなと思っていってみました。なかったらなかったでいいかなと思いまして。行くとあるもんですね。大きな図書館だからかもしれません。

でも読めたのは二作品が精一杯でした。短編といってもすごく短いわけじゃないですからね。一番読みたかった短編は、なんと全集みたいな大きな重い本に入っていたので、これは借りるのもためらわれ、次回また図書館に行って読むことにしました。

でも、図書館に行って短編を何個か読んでくる…というのは、初めて読んでみる作品にはむいているスタイルかもしれません。